自分自身を解放する瞬間(とき)・・・☆

 26, 2010 21:11
手放すことは諦める事ではなく、もっともパワフルな信頼です。

あなた方の中にあるどのような感情も、思考も、常に変化しています。

例えあなたが今、昨日と違う選択をしている自分を発見したとしても、
どうかそれを許してください。
昨日の自分を手放し、新しい自分を受け入れて下さい。

昨日のあなたが、どんなに悲しみを感じたとしても、
どうか今日は、その悲しみを手放して下さい。
そして、喜びを感じることを選択して下さい。

昨日のあなたが、どんなに怒りを感じたとしても、
どうか今日は、その怒りを手放して下さい。
そして、許すことを選択して下さい。

昨日のあなたが、どんなに素晴らしい体験をしたとしても
どうか今日は、その喜びを手放して下さい。
そして、どうか今日は、それよりももっと素晴らしい体験をする事を選択して下さい。

あなた方は、あらゆる事を望み、それを叶えて欲しいと祈るでしょう。
真剣に祈った後は、どうかそれを手放して下さい。
望みが聞き届けられないのではないかと不安を感じ、
いつまでも握り締めたままでは、それは天には届かないのです。
どうかその望みが叶う事を信頼して手放して下さい。

そして、どのように望みが叶っていくかについても思い悩まないで下さい。
安心して委ねる事、それが手放すという事です。




メリッサの著者でもある
熊本の親友 益田早織さんから 
三年前に届いたメールです・・・
今も大事にしているメッセージ。

先日の再会は ほんのわずかな時間でしたが
本当に心地よい時間でした。。。
いつもありがとう・・・

心から感謝を込めて・・・



心が静かだと
真実がわかりやすいね・・
必要なことは 
必然的に 何も動かずとも
知ることになる不思議・・
まるで背中を押されるように・・・
最善の流れに
信頼と感謝

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?