無事に

 27, 2007 23:28
今朝洗い物をしていたら、大きなお皿を二枚割り
「オーマイガッーート!!」
「ヘルプ・ミーーー!!!」と何故か英語で叫ぶ母に気ずき
無言で掃除機を持ってきてくれて、暫くその割れたお皿を見つめ・・・無言で立ち去った、息子。。。
今日は我が家の次男君の受験日。
母は、必死で「厄落としだよーーーー」と・・・
かなりあせりました




ギター大好き、将来の夢は、プロのミュージシャン
彼が選んだ進学先は、c/s音楽学院・ギター科

小さい頃の、彼のお気に入は、、、動物・ステレオ・CD・カセット。。。
(今だに、子ネコや巣から落ちたひなを連れて帰ってきます。。とんびのひなの時は、さすがに驚きました
おもちゃや絵本は、目もくれず。。。
当時タンスの上に置いてあったステレオ目がけ、、、引き出しを段々に上手に開け、よじ登っては、お気に入りの音楽をかけて、大きな声で(おたけびのように・・・笑)歌っていました。
その頃よく歌っていたのは、
ルイアーム・ストロングの「ばら色の人生」
エリック・クラプトンの「レイラ」
当時彼は、一才。。。なんとも渋い一才でした
そして小四からギターを初め。。。
その頃のことを思っても、今彼の進む道は、間違いなしの進む道、、なのでしょう。

去年の夏休み前は、「高校へは行かない」という彼の頑なな思いを、なかなか、受け入れられずに、親子のバトルが繰り広げられた中、かなり参りましたが
私がいつも思い伝えていること、
「それぞれの中に、もともとある本来の光りをもっともっと輝かせましょう」。
そんな思いを理想論ではなく、現実論として今までもこれからも、息子達二人が「実践クラス」として、どんなセミナーよりも確かな学びを、私へ与えてくれます。
今回私を不安にさせていた大きな理由の一つとして、
学歴という、世間の軋轢がある中生きて行けるのだろうか、、、今のこの子にそんな強さはあるのだろうか、、、

いつしか、不安や心配を分かってほしいだけの押し付けになっていた私、、何やってんだか。。。
そんな毎日のギクシャクの中で学び再確認できたこと。。。

自分の好みに育てるのではなく、彼のよさを育てよう。
子供の光りに気ずき。その光りをより輝かせよう。
消さないように。。。        
先の余計な不安を並べるより、未来の夢の一つ一つを、一緒に楽しく叶えよう

ある有名なオペラ歌手の子供の頃のお話し、
いつも、おーーーーきな声をはりあげていたわが子へ、ある日母は言いました。
「お前には二つの道がある、一つは、精神科へ行くこと、もう一つは、
オペラ歌手になること。。。」
そして大人になり、素晴らしいオペラ歌手となった彼は言いました。
「母親というものは、素晴らしいスカウトマンでもある」

そうありたいものです。

今回受験させて頂いたc/s音楽学院は、授業の2/3が音楽・1/3が高校の授業という高校の卒業資格もいただるという夢のような学校。
あのバトルは何だったの~??という感じですが、
合格を祈りながら。
我が家の今年の大きな行事の一つを終えることができました。
ホッ。。

君のお陰でまた少し大きくなれた気がします
ありがとう。
心から愛と感謝を込めて




スポンサーサイト

WHAT'S NEW?