FC2ブログ

カウアイ島魂の調律リトリート🌟ヒンドゥー寺院の奇跡🌟

 20, 2018 20:44
29387162_1631362363623142_9221151523182760745_n.jpg

リトリートを終えた後もヒンドゥー寺院で瞑想の儀式に参加していたのですが、
ここからが本番でした!超素敵なギフトが待っていたのでした。

そのひとつが、
帰国の前日ヒンドゥー寺院の僧侶からの有難いお言葉とギフト🌟
『はじめてとは思えない随分昔から知っているような気がします。過去世からのご縁なのかもしれませんね。』
そして、次会った時には、手作りの南インドカリーをご馳走してくださると言うのです!
何と言うことでしょう! それ以外にも夢かと思うようなギフトに、
私はREALLY!?とNAMASTE🙏の連呼でした。

もうひとつが、
先ず今回カウアイ島リフエ空港に到着したその足で、
毎日通わせていただきます。と挨拶に向かったヒンドゥー寺院で、思いもよらぬ事実を知ることになりました。

それは、1970年代創始者のグルがチャネリングでレムシアから受け取った内容を弟子に書かせたというレムリアの本を見つけてビックリ!

何と!カウアイヒンドゥー寺院は、その時グルが受け取ったレムリア文明を再現し創られたものだというのです!
皆さんはご存知でしたか?!
私は初めてその事実を知りそれはそれはもう大興奮ですよ! 
ほんとうに驚きました!
どうりで惹かれるはずです❤️

そしてもうひとつ、
明日、普段閉じられている寺院の奥へ行くことができますよと僧侶が教えてくれたのですが、
リトリートの準備もあったので、どうしようかと迷っていると、
翌朝目を覚ましてすぐに目に飛び込んできたハワイ島の友人からのFB投稿へのコメント。
『寺院の奥がいいから是非行ってみて!』 この一言で行くことを決めたのが大正解🌟
現在建築中の神殿や、今まで見たこともない大きな大きな木々や美しい花々レムリアを思い出す美しいその場所に行く事ができたのでした。

どう言葉にしていいのか困るほど、感無量の美しさと心地よさ気のよさハイバイブレーション…
生き返りました。。笑

今回の旅も、この感動を文にするのはなかなかどうして難しいですが今回ばかりは、伝わる事を祈りつつ一生懸命書きますね。笑笑

ー分析ー
やっぱり自分に正直に素直に楽しんで一生懸命生きているとなのでしょうか…
シンクロとミラクルと感謝の流れ。
そんな事も改めてまた感じる事のできた今回のハワイ島〜カウアイ島の旅でした。

いつも旅中というのは、少ない日数の中で、
何をするのか誰と逢おうかとか、
どんな出来事が待っていて、どんな出逢いがあるのかは最高最善に委ねますが正直いつもわかりません。

毎度のことですが、ただただそれを決めた時思った時すごくワクワクするのです。
直感体質と第六感の見せ場が結果で、感覚と起こる現実が繋がる時が後からやってくるみたいな感じかな。
善し悪し関係なく全てが愛おしい時間と思いたい、そう思える部分を見つける天才的なところも活かしつつです。
最高最善を祈り委ねるのはやっぱりいいですね。

昨年から思い描いていたアーシングand瞑想三昧のリトリート。
開催してほんとうによかったです。感無量の一言。

実際、リトリートの六日間の前後も帰国の日の朝まで連日寺院に通ったほど、
今回はこのタイミングで本気で自分自身も調えたかったのでした。

はじめてヒンドゥー寺院を訪れて以来
写真のヨギナダの唱えるピュアでvoicehealingのように心地よいお経の大ファンなのですが、寺院の僧侶4名が順番に朝の儀式を担当される中お会いできることを楽しみにしていました。そして三日目にようやくお会いすることができました。
(大きな彼を初めて見た時、絶対レムリアンだと言っていたのですよ。それで今回尋ねてみると、ご自身もレムリアにいたと思うとおっしゃっていました。感涙🌟)

ヨギナダとは、9日日間通ったうちの三日間お目にかかることができました。
お会いできた日には儀式が終わると必ず一緒に写真を撮ってもらったり、次々に聞きたい事が出てきて質問も沢山させていただきました。

・どんな事をイメージして(考えて)お経を唱えているのですか?
>神を降ろすという事をやっています。

・試験に合格するだけでは、あなたのような位になることは出来ないと思うのですが、どうしたらなれるのですか?
>何年の修行という年月が決まっていて先ずその年月を経て(何年経ってもなれない人もいる)これまでのその人の生き方や人格も含めてグルのオッケーが出たものがなれます。

・あなたの美しいお経に癒されます。
>それは私を通してあなたの神を見ているのですね。
あなたが感じる美しさは、あなたの美しさでもあります。

そういえばこんなこともお話してくださいました。

『ただ偉くなるだけではなく、愛ある人になってください。とグルに言われた言葉を守っていくつもりです。』

お話を聞きながら、ただただ素直に魂が喜ぶのを嬉しく感じていました。

リトリート最終日二名の方々の帰国を見送り、
後泊された二名の方達と一緒にその後も瞑想の儀式に参加しました。
ラッキーなことに、瞑想に参加できる最終日儀式を取り仕切る僧侶はヨギナダでした。
日増し増す心地よさにただただ浸るばかりでした。
儀式が終わると、もう顔を覚えてくださっていて、気さくで高ぶることのないお人柄のヨギナダから私に話しかけてくれました。それはそれは嬉しかったです。

最後の日には、初めて会ったようには思えないね。という言葉が嬉しくて、
はじめてお会いした日からソウルファミリーだと勝手に感じていたこの感覚にも嬉しくて幸せに思いました。

尽きない質問とお話に気づけばもう12時閉館の時間でした。
途中お手伝いの女性がプンプンいい加減にしてくださいと言わんばかりに来られましたが、
それでもヨギナダは優しい笑顔で、その女性にも私たちにも丁寧に対応してくれました。

書きたいことは山ほどですがこの辺で。

後の望みは、次こそは夫もちゃんと瞑想に参加してくれればいいなと。笑笑

今回は初のカップル参加もあり、初参加の方、今回リトリート参加5回目という方も。
ほんとうに有難い限りです。

NAMASTE🌟 MAHALO🌟 THANK YOU🌟 ありがとう🌟 

長文最後までお読みくださりありがとうございました。
心から感謝を込めて❤️


28685100_1617592108333501_8429021026800013622_n.jpg
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?