ラナキラ フラWS4日目最終日

 02, 2017 10:51
17021653_1273130356113013_4601664904478332120_n.jpg


ハワイ島のお友達いく子さんが主催するラナキラ フラWS
4日目は友人たちも誘って参加しました。
最終日もとっても楽しかったです。

一昨日はフラホウを教えていただきました。
(新しいと言う意味のアウアナとの違いは、新しい歌い方で大地にとも繋がっている。なのだそうです。)

ラナキラが15年前に作った歌と踊りは、全てを見通す事ができてとても力強くハワイで一番美しい女神ポリアフのお話。
アウアナというよりも、どちらかというとカヒコに近いように感じたのですが、凛としてかっこいい歌と踊りでした。
No Pliahu Ka Wahine Kapu 、とっても素敵な歌ですごい技も盛りだくさん。
翌朝膝には名誉の青タンができていました(笑)

美しい女神ポリアフを隠すことを役割とするポリアフの四姉妹、リリノイ、ワイヤウ、カオポカネたちが司る霧、湖、雷、カパを現す踊り、フレッシュウォーターの神でポリアフの父カネ、ポリアフを守る龍の動き、ポリアフの高貴な身のこなしもすごく素敵なんです。

一昨日教えていただいたこの曲は、3年前新たな天文台がマウナケアに建てられようとした時、先陣をきって立ち上がったラナキラは、山を守りたいという気持ちを表すためにマウナケアの山頂で歌い踊った曲でもあるそうです。結果ハワイアン達のその思いが通じました。


そして、一昨日も心に響いた書きれないほど沢山のメッセージの中から。

・皆さん、汗を沢山かきましたか? 
踊って汗をかいてくれてありがとう。
その汗は大気となって、雲になり、その雲は山にかかり雨となってまた大地に戻ってきます。

・自分の家の飲み水が何処からきているのか知っていますか?
何処の山から? 何処の川から?
その水は安全ですか?
それを知ってみてどう感じますか?
それを知って何ができますか?
どうしていきたいと思いますか?
この歌を授けるにあたって自分自身に何ができるのかをどうぞ考えてみてください。

・ハワイアンの祖先たちは、自然のサイクルを常に考えていました。
・未来の家族に残すために。
・ハワイアン達はフラで自然のサイクルを語り継ぎました。
自然がなくなれば私たちはフラを踊ることができなくなります。

・自分が雪、山、海になり自然のサイクルを語り継ぐ、
意識をそちらに向け一つになること。
...一つになるということは、責任が伴います。

・ハラウ同士で争いがおきているようですが、私は競い合うことはしません。
・都会は、森に支えられている。
・アスファルトを全部はがしても私たちは生きていけますが、
海の魚が全部いなくなれば私たちは生きていけません。


そうそうFBにも何度か書きました、
昨年頃からとても惹かれる存在女神ポリアフ。
一昨日のWSも参加できてほんとうによかったです。

今年1月にハワイ島サウスポイントで瞑想中、顔は神々しく光っていて見えないのですが、白いドレスを身にまとったとても大きな美しい女性、女神のような存在が現れメッセージを受け取った日の事。

もしかするとあの時現れた光り輝く存在は、女神ポリアフだったのではないだろうか?でも何故サウンスポイントで? 
一昨日ラナキラの話を聞きながら、フラを踊りながらあの日の存在とメッセージのことを思い出していました。

あなた方を全力でサポートします。
あなた方の目覚めをサポートするためにきました。
あなた自身が人々の目覚めをサポートするために。

Aloha Mahalo💖 Lanakila Mangauil.

我がクムフラ新先生「色んな経験をしておいで」といつも寛大に見守ってくださりありがとうございます!! again.
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?