IMG_1676+(1)_convert_20151026144424.jpg

二日間の講座を終えた翌日、福岡から東京に帰る日、

朝の市場で地元の野菜を仕入れ満足したその足で
海を見ながらランチしない?と付き合ってくれた友人にお願いして

そちらの方向へ車を走らせてもらうと
日頃は覆われているはずの田舎道の草が、
その日綺麗に刈られていたお陰で

地元に住む友人もまだ見たことがなかったという
新原・奴山古墳群に遭遇しました…。

IMG_1671_convert_20151026153245.jpg




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『新原・奴山古墳群とは』

沖ノ島での祭祀を行った宗像市と海の民が築いた古墳群。

5世紀前半から7世紀にかけて築造され、

前方後円墳5基、円墳35基。方墳1基の合計41基からなる古墳群なのだそうです。

海を臨む台地に築造されており、九州本土から朝鮮半島へ向かう海の道
「海北道中」を支配した
宗像氏と海の民の信仰と集団のあり方を示しています。


現在その祈りを今も受け継いでいる宗像大社とともに、

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」として世界文化遺へ登録することをめざしているのだそうです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



IMG_1669_convert_20151026154026.jpg

とっさに車をとめてもらうと車中で待つという友人を残し
ひとり古墳のそばまでいってみるとに、
すると、市の職員のような?叔父さんが、天使のように現れて✨
古墳やその周辺についてのことを丁寧に説明してくださり
一人ではちょっと入っていけそうになかった鳥居の奥まで
石階の上に祀られた『縫殿神社』を案内してくださいました。

その方について木々たちに囲まれた階段を登り
静かなその場所に着くつと急に、
時間の流れが不思議とゆっくりになって

案内してくれたその天使のような叔父さんがポツリと、

『神聖な感じがしますね。』
『はい、とっても。』と私。


静寂な雰囲気がより活かされるような時の流れを心地よく感じていると

するとそこに黄色い二匹の蝶々が現れ
歓迎してくれているかのように私の周りをクルクルと舞はじめると
私の心も一瞬で、ふんわりと軽やかになっていくのが不思議でした。
まるで、舞うニ匹の蝶から魔法をかけられたように...。



ほんの少しの時間でしたが、
なんだかタイムトリップしたよな氣分を味わいながらもとの場所へ下りていくと
その方が次に地図を見せてくれながら、
車ならこの森の向こうのこの場所に行くと、
ずらっと並ぶ古墳とその向こうの海までが一望できるところがありますよ、
と教えてくれたので、なんの迷いもなくいってみることにしました。

IMG_1672_convert_20151026154545.jpg



そして、不思議なくらいに迷うことなくすんなりと辿り着いたそこからの眺めは、
古墳群全体と向こうの海までが一望できる、とてもとても気持ちのよい高台にあり、
両手を天に広げて何度も深呼吸していると、

過去と未来と今この瞬間が一つに繋がっていることが
何とも言えない至福感とともに感じられ
ただただ有難いな〜と心の奥の方からどんどん溢れだしてきて
まるで魔法のように一瞬で、優しく安らいだ気持ちになっていくのでした✨
有難や〜💕



こんな風に久々の里帰りができたのも
8月の仕事でセラピストの面接をするための急な展開があったから、

その時、有難いことに9名の方々のセッションをさせていただいた際

私のコースを受講したいと希望してくださる方々が現れ、
こうして今回また再び来福することになったのですが、

IMG_1689_convert_20151026154255.jpg

予想以上のギフトと不思議展開の日々は、
私がほんとうの私を生き始めてから、
目に見えない存在達の愛や自分の可能性を活かしはじめた賜物、

もしかして私の人生まんざらでもないのかも?、、と思い始めてかれこれ10年弱…

いまや、人生って面白い、人生ってやっぱりイイね!と
心底思えることがホントに幸せ…。

私のために起きたのであろうステキな時間に
心からの感謝を込めて✨

この8月には、突然決めたサンフランシスコ、シャスタの旅、
いつもの直感で、大きな扉が三つ、開くことを宣言していたのですが、

どうやらまたもや的中!大当たりでした!

その後東京に帰ってからも、佳き流れと急な展開が凄まじいのです…
💕

ああ〜 ホントによかった!

サイコーーー\(^o^)/

ありがとう!ありがとう! 
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?